本文へスキップ

腱鞘炎ドットコムは新潟市秋葉区の気功整体・癒しの空間です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0250-27-1743

〒956-0864 新潟市秋葉区新津本町4丁目16-17 ベルシティ新津一階

腱鞘炎ドットコム

腱鞘炎の症状

 腱鞘炎の初期症状は、手指や手首、腕と肩がだるくなる、手が痛くて動きが鈍くなって、手のしびれや手首に腫れが出て来るなどの症状です。
 手の掌や手の甲そして手指の圧痛、伸展屈曲時の痛みを感じるようであれば、腱鞘炎が出ている可能性が高いでしょうし、手の指や手首の屈曲と伸展時にカクカクと異常音が鳴る(いわゆるバネ指)時も、その可能性が高いです。
初期の頃はたまに感じる筋肉の違和感や、ちょっとした痛みくらいなので、手のひらや、指が開きづらい、動かしづらいかな、といった程度の感覚になります。

 症状が進むと痛みを感じる回数が増えてきます。
しかし、しばらくするとその痛みも消えてしまい、特に気にすることもなく
すごしてしまうことがほとんどです。また、患部が熱を持ったりすることもあります。さらに症状が進んでくると、患部の痛みがよく現れるようになり、腫れた感じがしたり、また動かしづらく、だるい感じがしたりするのが数日にわたり出てくるようになり、やがて日常的に痛みがよく現れるようになります。

 これらの症状を超えてしまうと、日常生活のあらゆる動きに痛みを伴うようになり、やがて何も出来ないようになってしまいます。そして、終いには動かなくても痛みを感じるようになってしまいます。


 手首の腱鞘炎として代表的なものにデケルバン腱鞘炎というものがあります。診断法としては、親指を中へ入れて拳を握ります。そのまま拳を小指側へ倒します。それで痛ければデケルバン氏病と診断されます。
デケルバン腱鞘炎とは、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が橈骨茎状突起部と伸筋支帯で狭窄された状態のことを言います。手首の腱と腱鞘の間のすべりが悪くなり、引っかかってしまうので、まく手が動かせなくなったり、また患部に痛みや腫れ、痺れなどという症状が起きてしまうものです。

 腱鞘炎の発生する、腱鞘とは、文字通りに鞘の中で腱がスライドしながら関節の動きを補佐している部分のことですが、腱が腱鞘に引っかかったり、引っ張られたりすると、関節の中で自由に動くことが出来なくてかなくなってしまうのです。指が動かしづらいので、自動販売機に小銭を入れるといったような、つまむ動作がむづかしくなり、同じようにつかむといった動作もつらく感じるようになってきます。
おかしいかな、と思ったら、指を酷使せず、休めてあげることです。このまま酷使し続けてしまうと、腱鞘炎が悪化してしまう恐れがあるからです。症状が重くなると、今まで感じていなかった痛みが、突然激痛を感じたり、最後には何もしていなくとも痛みを感じるようになってしまいます。

 これらが、西洋医学でいわれている一般的な症状ですが、痛みは体からの大事なシグナルです。これ以上やってはいけないと 体が警告を発しているのです。

PR:



Manipulative in Qigong気功整体・癒しの空間

〒956-0864
新潟市秋葉区新津本町4丁目16-17 ベルシティ新津一階
TEL 0250-27-1743
FAX